職場に行くのが辛い時はどうしていますか?

看護師の仕事というのは、とてもハードです。
体力がついていかなかったり、人間関係のトラブルがあったりすると、仕事に行きたくない、
と思ってしまう時があります。

 

私は、介護施設で働いているんですが、上司がとても良い方で、私の事を理解してくれているので、
とても恵まれていると思っています。
上司は、ご利用者の方だけではなく、働いている看護師一人一人にも、目を向けているんですが、私がネガティブだったり、
何か辛い事がある時は、それが様子に現れてしまっているようなんです。

 

私がそのような状態の時には、優しく声をかけてくれます。
気分転換に、カラオケにでも行ってきなさい。と送り出してくれる時もあるんですよ。
そんな上司にはとても感謝しています。

 

自分でも、もちろん辛い時の解決策を考えています。

 

私は、辛い時には、ご利用者の方の幸せそうな笑顔や、日頃のやり取りを思い出すようにしています。
そうすると、辛いと思っていたり、悩んでいる事が、何だかバカバカしく思えてくるんです。
職場の人間関係に悩まされている時間があるのであれば、ご利用者の方に、どんな看護をして上げられるか考えよう、
と思えてくるんです。

 

そうすると、気分も変わってきて、仕事への意欲が出てきます。

 

辛い事を考えていると、全ての事をネガティブに捉えがちですよね。
これは、皆さん同じだと思うんです。
しかし、今自分がやらなくてはいけない事は何か?なぜ私は看護師になったのか?
と、自分自身に問いかける事により、ポジティブな思考に転換する事ができます。

 

職場に行くのが辛い時には、発送を転換させる事が大事だと思っています。
そうする事により、仕事を頑張ろう、という気分に変わる事ができるんです。