夜勤専従パートって給料は良いの?

夜勤を敬遠する看護師が多い為、夜勤専従看護師の求人は、常に多く見られますよね。

 

夜勤の仕事は手当がつく為、高い給料を稼ぐ事ができます。

 

夜勤手当というのは、一般病棟の場合は、3〜4万円が相場となっています。

 

金額だけでみても、とても効率良く稼げる事が良くわかりますよね

 

夜勤は、2交代制の病院の場合、1回の勤務で2日働いたという計算になります。

 

つまり、出勤日数は少なくても仕事に多く出た計算になるんです。

 

夜勤手当が4万円であれば、単純計算しても、月に10回勤務すれば40万円稼ぐ事ができます。

 

職場によって異なりますが、日勤に比べると夜勤は落ち着いているイメージがありますが、決して楽な仕事ではありません。

 

しかし、大変な仕事に充分見合った給料を貰う事ができますから、やり甲斐はとてもありますよね。

 

看護師の仕事というのは、どんな職場でも、肉体的にも精神的にもハードです。

 

そのような大変な仕事をしているのですから、業務内容に見合った給料を得たいとは、誰もが思っている事です。

 

業務内容に見合った給料を貰う事ができるのは、夜勤専従だと思いますね。

 

夜勤専従は、昼と夜が逆転してしまう為、生活のリズムが崩れてしまうと思っている方が多いですよね。

 

しかし、交代制とは違い、常に同じ時間帯に働いている為、それほど生活のリズムが崩れる事はありません。

 

夜勤明けは、丸一日自由な時間を持つ事ができるので、プライベートの時間が充実するというメリットもあるんですよ。

 

多くの病院で夜勤スタッフが不足していますから、夜勤のできる看護師は需要がとても多いんです。

 

効率良く働いて、高い給料を稼ぎたい、と思っている看護師には、最も適した働き方だと思いますね。